UNTITLED

たらったらっ書きます。大人2年目。

意識の低い人こそ自分の将来のことを考えねば!

f:id:p_m56:20170109225146p:plain

 

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 

あらま気がついたら2016年が終わっている!ブログも対して書いてないし、仕事も全然成績上げれてないし、ていうか全く成長してないんじゃない?みたいなね…!
改めましてマニーです。
これまでいろいろこちゃこちゃ書いているのだけど、なんかことごとく書いたこと実行できていない系です。
これぞ怠惰の鏡。

でもこれでいいと思っているわけではないのです。もちろん。


これまで人生、20年弱、まあまあ辛いことや苦しいときはあったと思うけど「私の人生はどんどん楽しくなっている!」という謎の底知れない自身を持って毎年「今が最高!」で生きてました。
なぜそんな無根拠にポジティブでいられたのかはよくわからないけど、自分が「ちゃんとしてる」という気持ちを持ち続けられたからなんだと思うのですね。

しかし2016年、新卒1年目、社会人1年目、「人生最低だ」と思って生きていました。
なぜか?「ちゃんとできない自分」だったからです。

早く仕事で一人前になりたいのに全く思うようにいかない、どうやって仕事したらいいのかもわからない、聞ける人がいない、わからないわからないわからない……

とにかく仕事やめたかった。なんなんだろうこの最高につまらない時間はっていつも思っていました。納得できないこと、上手くいかないこと、むかつくこと、発信しても伝わらない、どの思い解消できずに、仕事ってなんてつまらないんだろうと思ってきました。

どうして私が2016年ずっとこんな気持ちでぐだぐだして、それでも全く動かなかったか、動けなかったか。

 

それは「そもそも自分がどうなりたいかが見えていなかったから」の一言に尽きます。

見えていないから、不満が沸くし解消の仕方もわからない
見えていないから、目の前のつらさにたえることができない
このつらさにも意味があると思えないとただつらい。
それを我慢して乗り切れという大人もたくさんいるけどそれってつらすぎませんか?

いやつらいつらいつらい。

なので、今年は、というかこれからは何がしたいのか、そのために何をするのかを考えてPDCAをまわして生きていかないとな、と思っています。
PDCAとか言っちゃったよ。みんな大好きPDCA。
口ではPDCAPDCA言っても、できている人は本当に少ない、ということにはここ1年かけて身に染みました。かくいう私もそう。

目標をかかげるだけなんて本当に意味が無くて、そのためになにをするかまで考えて実行に移して結果を振り返ってまた計画を立てて…。これをしないと自分のしたい事なんてかなわない。
武井壮さんも青山学院大学の駅伝監督もホリエモンもみんなみんな言ってるのに、考えないしやってないから私の漠然とした気持ちはかなわず、フラストレーションがたまるんだ。

そんなことをしみじみ感じた2016年だった。
最高につまらなかったけど、学んだこともある。

今年も人生絶体絶命絶好調で生きていこう…!
(お気づきの方もいたらうれしいけどモー娘。大森靖子さん好きです!)

目標は次回!