UNTITLED

たらったらっ書きます。大人2年目。

変わらなくたっていいじゃない。変わりたい人だけ変わればいい。

f:id:p_m56:20161214001702p:plain

20年ちょっと生きてきて、私の変わらない考え。
人はそんなに簡単に変わらないし、変わらなくたっていいと思う。
変わりたいと、思う人だけ変わればいい。
例えば、私は今変わりたい。仕事嫌だ嫌だと愚痴り、なんとなく時間をつぶすような仕事をしている自分が嫌いだ。変わりたい。そういう人は変わる努力をして勝手に変わるればいい。
でも変わりたくない人は世の中にいっぱいいる。周りを羨んで、不平不満ばかり言っているけど、それですっきりして、またその環境に埋もれる人。べつにいいと思う。それを自分で選んだなら。

しかし、これだから私は商品がちっとも売れない営業なのかしら。
本当に相手にとって「それ」が必要だったら煽らなくても手に入れようとする。そうじゃない人は、「それ」がたとえ本当に良くで、役に立って、幸せにしてくれるとしても「必要がない」と本人が判断しているのだから、「いらないこと」と一緒なのだ。


たとえ「それ」が自身の生活を豊かにしてくれるものであっても、そのことに気がつかない、または気がついていても求めようとしない人はそれでいいじゃない。
そこを頑張って必要性を説いて、そこにいるべきじゃないよ!こっちのほうが幸せだよ!と頑張る人はすごいと思う。優しい人なんだな、と思ってしまう。
でもそんなにやさしい気持ちで言ってあげているのに、結果「余計なお世話」とか「なにもわかってないくせに」とか言い出すのです。
言い出す、といったけど私も「そっち派」です。
私の話すことについて、批判もいい、助言もいい。でも1度聞いたらあとは自分で判断して「それ」がとりいれるべきことなのかとりいれないべきことなのか決めるので、それ以上突っ込まないでほしい。つっこまれたからって私の気持ちは変わりませんよ、と思う。そしてそれが募ると「余計なお世話」だと感じてしまう。「押し付け」だと思う。

だから冒頭に述べたように、商品が売れない営業なのだ。
もちろん、商品提案力がなくて、根気がない、だけ。言い訳して努力を怠っているだけなのかもしれない。
「いらないと思うものを欲しくさせる」「必要ないと思っていたものに必要性を感じさせる」のがあるべき「デキル」営業の姿だ。
それでも、私にはそれができない。なんならしたいとも思わない。

でもこれって、アフィリエイトをやったって、他の仕事をしたって、「お金を稼ごう」とする限り逃れられないことなんじゃないのかな、とも思っています。

私は、絶対に自分がいいと思っているものでも人にごり押しはしない。
むしろ自分が絶対にいいと思っているものは自分だけでとっときたい。
好きなミュージシャンとか友達に薦めたりするけど、ちょっと話してみて反応が良かったらCDを貸すけど、そうでもないのに「一回聴いてみなよ!!」と言ったりはしない。

「欲しい人、欲しくなってくれそうな人にだけ売る」ことができたらいいのになあと思う。うちの会社も別に「人を欺いたりだましたりしてまで商品売って来い!」という会社ではない。でも会社である以上、売り上げ目標はあるし、増収増益していかなければいけない。「人を欺いてもいいから商品売って来い!」はむしろ潔い気もする。いや絶対嫌だけど。

ヒアリングが足りない?ありのまま言われたことを受け止めすぎ?価値に気がついていないだけだからこっちが気づかせるべき?全部先輩に言われた言葉です。
その通り。営業はそういう仕事だとも思っている。でもそれができない。

「いらないです。」「ああそうですか。」それが私の本音です。
これは本当にお客様のことを考えられていないということなのかなあ。
これを人に無関心というのかしら。個人的には関心を持って土足で入ってくる方が配慮がたりないんじゃないですか。と思ってしまうし、労力をかけた分に見合った見返りはないじゃないと思ってしまう。

それから現状でいうと、商品を心から「イイモノ」だと思えない。悩みに応えられる商品だと知れば知るほど思えていない。また、改善していくとも思えない。
だから売れない。売りたくない。
…と彼氏に言ったら「じゃあ100%利用者みんなを満足させる商品なんてあると思う?」と言われた。
そうくるか。至極まっとうな意見ね。
たしかにそうだ。でも私のいま売るべき商品は「ほとんどみんな」に満足してもらえないもので、「これからブラッシュアップされて良くなる」モノでもないと思っているのです。それを売れと言われて売れるのは、「売ること」「会社に与えられた使命を達成すること」を目指すことができる人だけだと思う。
それは間違っていない。企業人で営業職ならあるべき姿かもしれない。でも私はできない。納得していないものを人に薦めることはできない。

じゃあ納得するためにはどうするべきか?
①今の商品を理想の形に近づけていく
②自分にとって「完璧な商品」を売る会社で働く
③自分で商品をつくる
どれかだと思っています。これは営業職としてやっていくやっていかないに関わらず、「お金を稼ぐ」という以上は「売る」ことを前提としています。それがサービスでもモノでも夢でもなんでも。
①をするために、ちょっと動こうとしています。でもこれやっても変わらないんだろうなという気持ちもあります。
②もありです。絶対的にわたしがいいと思っているもの…たとえばはてなブログ、Hey!Say!JUMPのCD、本…etc.とかね。でもこれはなかなか危うい選択で、ある日突然これは自分にとって「完璧な商品」じゃない!となった瞬間に嫌になるかもしれません。そのときにそれを再び「完璧な商品」に近づけるようにしないとまた同じことになります。
となると、③自分で商品をつくるがいいような気がするんです。自分だったら、反省もできる改善も自分でできる。たとえできなくても納得感があるから。それが辛いことになったとしても、自分で背負った方がいいかもしれない、と思っています。そんなに甘いもんじゃないとは思っているけれど。


気持ちのままに書き連ねましたが、甘ったれているのかしら。
甘ったれているなら、叱責してくれるとうれしいです。
でも怒る、助言は1回だけ……できれば、そうしてください。

変わらない、そのままを受け止められたほうが私はうれしいなあと。

 

なかなかブログが書けなかった理由

f:id:p_m56:20161213012641p:plain

 

前回の更新から2週間が経とうとしております。
あんなに、「ブログで稼ぎたい」とか「文章を書く仕事がしたい」とか書いたのにもかかわらずです。なんとまあ。

先に言っておきますが、ブログタイトルと名前を変えました。
誰かわからなくなった方が万が一いたときのために変更前と変更後を……。

◆ブログタイトル◆
『新卒1年目のわたしが仕事をやめるまで』
⇒『肩書のない一般人』(略して、『カタパン』!)
◆名前◆
ぽぴこ(毛虫アイコン)⇒マニー(直筆の自画像)

 

…とまあ、2週間ぶりのブログでいろいろ変えているのにも
なかなかブログが書けなかった原因を解消するための施策①なのであります。

では、具体的になぜブログを書くのがとまってしまったのか?をご説明しますね。
ブログを書いて挫折した、または挫折しかけた経験のある方は共感してもらえるかもしれません。

 

私がブログをかけなかった理由①
考えたくないことを書こうとしたから。

これが一番大きいです。というかもうこれだ。
「仕事したくない」「つまらない」「やめたい」「休みたい」…これが私の仕事に対する正直な気持ちです。
でも私はブログを始めるとき、「自分のように仕事嫌な人がいっぱいいるはずだから、そこに向けて書いたら読んでもらえるんじゃないか」「仕事に対するぶれぶれのこの気持ちを、文章にしたらすっきりするんじゃないか」と考えました。
「なにが書きたいか」これがすぐに出てこなかった私は、いま最も自分が嫌なことにブロガーとしてのアイデンティティを見出そうとしたのです。

そしたら何が起こるでしょう?私のブログを始めてからこれまではこんなかんじです。

「本当は仕事のことなんか考えたくない」⇒「でもブログを書いて気持ちを整理して、尚且つPVも稼げて、共感も得られるのは仕事の記事だと思うから仕事のこと書こう!」⇒「とりあえずたったさっき仕入れたPVがアップするタイトルのつけ方してみよ。内容は…なに書こうなんかそれっぽいやつ書こう」⇒「なんかあんまり楽しくないしPV延びないし書くことないし平日は仕事休日は彼しか友達と会ってるから書く時間ないわね。しゃーない。」⇒「ああそろそろ書こう。プロブロガーさんたちも毎日書けって言ってたな。」⇒「仕事のことか…」⇒振出しに戻る

とにかく楽しくなかった。
はてなブログを使って、それっぽそうな(私的に)タイトルとフリー画像つけてなんとなくブログ書いてるわーって思った満足感はあったけど、楽しく、本音でブログ書いたのは3つくらい。読んでくれた方ゴメンナサイ、そしてありがとうございます。

 

p-m56.hatenablog.com

p-m56.hatenablog.com

p-m56.hatenablog.com

 


その他は書いたはいいけど心が充分追いついていないからとても中途半端になってしまったのです。例えばこれ。

p-m56.hatenablog.com

 正直言うと転職のための活動など全くできていません。リクナビNEXTに登録し、Wantedllyを時々眺めてるだけです。
結局のところ、退職日(仮)を決めても気持ちは楽になどなりませんでした。
あれだ、自己啓発本読んだ直後は超意識高いみたいな感じ。『フランス人は10着しか服を持たない』を読んだ直後に服を厳選してもう着ない!と決めた服を紙袋に入れて、フリマで売ろうと思ってから2か月以上クローゼットの奥にいる、あの感じなのよね。
「これからやるために宣言してしまえ!」と言うつもりで書いたのですが、実際のところ「こういうこと書きたいと思ったから、やろう」になっていたわけです。
そりゃやりませんわ。よくいるいるいる。私ね。

だからまずタイトルを変えました。私を縛るだけのタイトルになってしまっていたからです。読んでくれる人をイメージしながら書くとか、読む人にとって利益になる内容を書くとか、読んでほしかったら読む人のことを丁寧に考えて書くことは必須だと思います。でもそれに中途半端に捉われて、自分とも相手ともずれた「もふぁっ」とした違和感をおぼえてしまう記事を書くのは違うよね。
だからなににもとらわれないという気持ちを込めて『肩書のない一般人』というブログタイトルにしました。
※ほんとは『UNTITLED』にしようと思ったのです。大人の女性ブランドUNTITLEDが好きなのと、「題名がない」「肩書がない」という意味がカッコイイ!と思ったからです。でも驚くほど英語が苦手な私は、綴りが正しいか心配になって「アンタイトル 意味」でググったわけです。
そしたらWeblioで用例に「untitled civilians 肩書のない一般人」というのを見つけてしまい、この言葉に一目ぼれしてタイトルにしたというわけです。

 

私がブログをかけなかった理由②
「ぽぴこ」は私とは違う人にしたかったから

この記事以前までつかっていた「ぽぴこ」という名前。
この「ぽぴこ」さんは、「自分の今の仕事を楽しめていなくて、仕事を変えたくて、自分を変えるためにブログをやっていて、頑張って道を切り開いていく(いこうとしている)」人です。
でも実際のわたしは違ったのです。「仕事が嫌だとわめくけど特に何もしない」人なのです。
ここでギャップが生まれる。「ぽぴこ」にとらわれるわけだ。「ぽぴこ」は勝手に自分で宣言したせいで、20PV程度のくせに(でも20PVの中の人(?)には感謝でいっぱいなのよ。)引っ込みつかない!という気持ちになっちゃうんです。誰も期待してないのに期待に応えようとしてまた「もふぁっ」とするのです。
でもこれも私の意図でして、こうやって書くことでなりたい自分になれるはず!と思ったのですが、なんかたぶん違う。未来像を描くこと、そこまでのプロセスを建てることは大切だけど今のは違う。
からやめました。「ぽぴこ」にとらわれないためい「ぽぴこ」はポイします。
そんで、なんて名前にしようと思ったのですが、実際に自分が呼ばれたことがある名前だったらお近づきになりやすいんじゃなかろうかと思いまして。
かといって結構広まっているニックネームとかだと身バレしやすそうだし…ということで、これまで2名にだけ呼ばれたことのあるニックネームを採用しました。
それが「マニー」です。お金じゃありません。
1960年代の大海オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)の選手の登録名です。
その方はフランク・マンコビッチ選手。もうお気づきかもしれないけど日本人的にはエロそうというかなんというかな名前よね。そこで愛称として「マニー」になったようで。
なぜわたしがこの名前をもらったかというと、大学生時代にお酒を飲んで酔った勢いで異性関係でいろいろやらかしたためです。若き日のよき思い出かな。反省も後悔していますがまあ、まあ。
そんなこんなであんまりよい由来ではないのだけど、マニーってなんか愛嬌がある響きな気がするしそこそこしっくりきているかつ、私周辺の知名度は低いい名前だったのでこれを採用しましたとさ。

 

ここまでを総括すると、つまりしばらくは素直に、書きたいことを書きたいように書こうというわけです。肩書のない一般人なのだ。

わたしのやりたいこと。

 

f:id:p_m56:20161128225817j:image

 

「やりたいこと、ありません。」

 

と思ってました。

 

海外に1ヶ月行って、新しい価値観に触れてやりたいことみつかっちゃいましたとか、過疎地域のボランティアを経験して、地域活性化を目指したいとか思えない。と思ってました。

 

そりゃ難民支援も地域活性化もあったほうがいい。となんとなくみんな思うけど、それを自分の手でやりたいですか?と。私はたとえ同じ経験をしてもそうは思わないだろう。と。

 

でもそんな人に対して憧れがあったのも事実。大きな夢をみてること、かかげること、発信できること自体が輝いていて、まぶしい。

 

偽善者だと、意識高い系だと小馬鹿にされても恥ずかしくないんだろうかと思った。でもそんな考えを気にすること自体視野が狭くて意味のないことなのよね。

 

そして、そこに大きな理由はいらないんですね。別に1週間のアメリカ旅行で世界平和を目指したって、自分の中でしっくりきている理由があって、意欲も湧くなら大きな問題じゃない。それを実現するために、動けるなら。

 

わたしのやりたいことは、「楽しく働くこと」であり、もっと大きく言えば、「明日も行きたくなる仕事をする人を増やす」ことです。

 

過去記事に何度か書いてますが、「仕事って辛いもの」「お金をもらうって大変ってことなのよ」という意識も、「はやく結婚して専業主婦になりたい」という新卒女性の声にも違和感と、同時に心の奥で共感してます。

 

でもそれではつまらない。

だからやめたいし変えたい。

 

あとは時間と場所に縛られて働きたくないね。

場所も時間も、べつにいつでもどこでもいいのに、それが「勤務時間」だからという理由で拘束されてしまうのがとても苦痛。

 

もっと生きやすいところで生きましょ。

 

 

 

 

 

 

 

LINE BLOGはじめてました。

どうもおひさしぶりです。写真は昨日なんとなくとってみたイルミネーションですぽぴこです。ここがどこか当てたら…おめでとう…!

 

 f:id:p_m56:20161124235507j:image


気がつけば前回の更新から1週間近く経っていました。自分のことながら、ブログを始めたり、「稼ぎたい!」とか「毎日書きます!」とか言っても実際続けることって難しいんだなあと思っています。でも難しいんだなあで終わってはいけない!…ということで書きます!
とはいえいやいや書くことはしないけれど。

 

さて、はやりもの好きなわたしも一般公開されてさっそくLINE BLOGを始めました。

スマホでしか書けないというのが、またよい…!
電車のなかや待ち合わせに早く着いたときなんかに、ぴこぴこ打ってます。
写真もさくっと挿入できるし、ブログというよりツイッター感覚で気軽にかけちゃいます。
あとフォントも変えられるのがいいですね!シンプルだけどかわいらしさのあるデザインよね。

LINE BLOGは日々思ったことを思った瞬間につぶやいていこうかと思います。

そしてこのブログはなにを書きたいとか何を伝えたいとか考えて書こうと思うのです。
でも考えるだけで書かない、行動しないのが本当に悪い癖だと思うので、そのへんは構え過ぎず書いていきますね。

▼そんなぽぴこのLINE BLOGはこちら▼

  http://lineblog.me/kdm0506/

▼そしてツイッターはこちら▼

 

ポケモンたのしい。

それではまた次回!

 

ポケモンサンムーン手に入れたり。

彼氏の帰りを待ちながら豚の角煮煮こんじゃう系女子のぽぴこです
「角煮煮こむ」って「頭痛が痛い」みたいね!
角煮やるとき、最初に片栗粉つけるの忘れちゃうのよね……。
あるあるでしょうか。いいえ、わたしだけ…。

 

さてそんな感じで今日は何だか元気です。
なぜか?金曜日だから?だいたいあってる!でももうすこし!

 

そうです。

ポケモンサンムーンです。

 

f:id:p_m56:20161118233259j:image

 

手にいれちゃいました。
アマゾンで予約してました。でもダブルパックのやつは品切れしてしまっていたので単品で2個かいました。ひとつは彼氏用。なんだこれリア充っぽいな。

わたしはサンをやりこみます。
体験版もやったし、アローラの姿とかZ技とかまとめをみてるだけでわくわくしてました。

…っていう買ったんだよ自慢をしたかっただけです。ごめんなさい。
これから!いまのいまから始めるよ!!!っていう宣言です。

ブログは読む人にとって有益な情報をかくと良いといろんな方がいろんなところでいっていて、全くその通りと思うのですが、今日は本当にいつにもましていいたいだけ記事です。にこり。

とび森も買ってまだ1週間。忙しくなるなあ。
でも博物館はかなり充実してきました。
だってあんまりやることないんだもん。でも魚釣り大好き。素潜りはもっと好き。

ゲームにはまると寝る間も惜しんでやっちゃう派なのですが、
突然ゲームばかりやり続けてしまう自分にはっとするのです。
そんでやめたりアンインストールしたりしてるのが常です。
本当はやり続けたいんだけどはまりすぎて、それしかやらなくなる自分がいやになってくるんです。だから飽きたわけじゃないのにやめちゃうんですよね。

ゲームにはまる人をは全く思いません。だってめちゃくちゃ楽しいもんね。そしてわたしのように謎の制御心が働いて、好きなことにストップをかけちゃうことがないほうが純粋に楽しい気がする。

サンムーンは好きなだけやりますよ、ええ。